2歳の娘子育てと、趣味のソーイングと暮らしのことを綴ります。
by きよ
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
はじめまして
洋裁メモ:きれいに縫うために
洋裁メモ:使える洋裁グッズ
洋裁メモ:生地の種類と特徴
作品紹介:ベビー服
作品紹介:ベビー小物
おすすめの本:赤ちゃん服・小物
おすすめの本:洋裁の基礎
雑記
教室のこと
作品紹介:大人服・親子服
娘との日々
受注制作
ロックミシンのこと
無料型紙
婦人服製図勉強中
作品紹介 バック ポーチ
作品紹介 その他布小物
布ナプキン
未分類
以前の記事
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
お気に入りブログ
neige+ 手作りのあ...
yasumin’s cafe*
Chanter fab*...
片付けたくなる部屋づくり
細々洋裁日記
「三澤家は今・・・」 
丘の上の家
ピクニック日和2
Harvest Moon
ひすなずた
warm home*
ranmama-kitc...
mon petit chou
hymy
Cafe mimos...
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
手作り布ナプキン
at 2015-01-08 15:22
明けましておめでとうございます
at 2015-01-06 17:30
ブークレーツイードニットでス..
at 2014-12-26 23:55
ブークレーツイードニットでス..
at 2014-12-25 12:32
裁断に便利な洋裁道具 ロータ..
at 2014-12-20 13:49
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
ハンドメイド
画像一覧

カテゴリ:洋裁メモ:きれいに縫うために( 14 )

独学で洋裁を勉強するコツ

はじめから、『綺麗に縫わないといけない』みたいなことをすごく気にされる方が多いのだけど、それはもう少し先でも良いんじゃないかなぁ?とも思います。
ある程度は綺麗に縫えるコツを実践してみながら、まずは色々作ってみて、物の形や作り、手順を頭に入れてみることも大切です。
初めて作るものは、作っていく途中でどこの部分をどう縫っているかというイメージがつかみにくいので、
それでいっぱいいっぱいな場合も多いと思います。
そこをクリアしたら、2回目3回目と、前回気になった部分をどうしたらもっと、綺麗に、丈夫に縫えるか?等考えたり勉強してみるのもおすすめです。
今や色んな分かりやすい本もありますし、動画もたくさんみることもできます。


そうやって色々作っていくうちに、
どんな服でも作るのが、手早く、綺麗になっていくと思います。

普段から、既製品の仕立て等も色々見てみるのも、勉強になります。

本を見て勉強の役に立てるといえば、学校のテキストは細かく網羅してありますが、
分かりにくい点もあります。
かえって市販の本の方が分かりやすい場合もあって、こちらのシリーズの本は、私も愛読しています。
すべて写真で細かく解説がしてあるので、初心者さんにもおすすめの1冊です。




ブログランキングに参加しています。 こちらのバナーをクリックしていただきますと、1票投票されることになります。 記事が何かのお役に立てましたら投票宜しくお願いいたします。 にほんブログ村 ハンドメイドブログ ベビー服(洋裁)へ
にほんブログ村
[PR]
by hitotsu_dake | 2014-09-11 13:45 | 洋裁メモ:きれいに縫うために

ニット生地はニット専用針ではないと縫えないか?

ニット生地を縫うときに、ニット専用針と糸を使いましょう。

と、いうのは、初心者の頃からあちこちの本でも見かけていたので、
それで縫っていたのですが、
たまに、普通のコットンを縫った後などに、そのまま、付け替え忘れ(特に針の方!!)、ニット生地を縫ったことが多々あります。

でも、一応縫えるし、一見問題ないやと思い、そもそもわざわざ使い分ける必要ってあるのかな?と疑問に思い、調べたことがあります。

勉強した結果、やはりニット生地は、ニット専用の針を使うのがベスト。

というのも、そもそも、フハクの生地(普通の伸びない生地)は、生地が織られて作られているのに対して、ニット生地は編んで作られている。

そのため、フハクの生地で使っている針だと、針の先が尖りすぎて、ニット生地を傷めてしまうという危険があるとのこと。

理由を理解して、なっとく。
そして、気を付けないとなぁと、それ以後、意識も高まりました。

洋裁道具も色んな種類があるけれど、生地や作るものによって、
使い分ける必要があるかと思います。

本に書いてあったから、だけでなく、時々、どうしてこれを使うのか?
等々色々見つめ直すのも、またきれいに縫うために必要なことなのかな、と思います。
[PR]
by hitotsu_dake | 2014-08-17 10:28 | 洋裁メモ:きれいに縫うために

どこに、どう印を入れるか

f0290288_15413795.jpg

昨日の記事でつぶやいていたこと、早速有言実行。
娘のワンピース、着手開始です。
生地があと30センチくらい足らんかったので、それだけ買いたさないとです。


裁断の時に、気を付けたいのが、印つけ。

色々試したりしているけど、
チャコペーパーはキレイだし消すのも簡単だし、切りじつけよりも速いかな?とのことで、結構多用してます。

でも注意することもあるようです。

まず、時間がたつと消えていくので、長丁場になりそうな作業には向いていません。

それと、表につけるのか、裏につけるのか、
考えて印をつけないと、無意味なものになります。

例えば裾を三つ折りするときに目安として、縫い代を入れるのであれば、裏につける。

ボタンホールの位置をしるすなら表につけるのが確実。

などです。

この辺も意識しながらやっていけば、慣れて感覚で分かってくるかなと思います。

縫い代一センチなど、直接ミシンで分かりやすいところは、私は印なしで、縫っていますが、たまに、0.7だとか、慣れないものが出てきたりしたときにも、印を入れたりします。

色々試してまた発見があればお伝えします~

そろそろ娘、起きてきそうです(*^^*)
[PR]
by hitotsu_dake | 2014-06-18 15:40 | 洋裁メモ:きれいに縫うために

裁断の色々

裁断の方法も生地や用途によって、色々。
私の場合は、縫い代つきの型紙を作って、待ち針で止め、そのまわりを裁断、必要な箇所のみ、きりじつけというパターンが多いかな。

ただこれ、縫い代を縫うときにしっかり頭に入れて、縫い幅がずれていかないようにしないと、結果、作品は若干正確さを失うのが欠点。
それと裁断時に、若干、型紙との差が生まれる時もあるから要注意。


でも早くは仕上がるから、時間があまりとれない時はこれで作る。

小さなものや、頼まれものなど、時間をかけて、きっちり仕上げたいときは、チャコペーパーやきりじつけで対応。

めんどくさいけど、きちっと縫えるので結果気持ち良いし、そんなに時間もかわらないような…気がしたりもする。


だけど趣味でやる分には、キレイに縫えたらもちろん嬉しいけど、
そればっかりを求めてしまうと、手が進まなかったり、やる気もなくなってしまうという方もいるので注意。

みんながみんな、職人を目指さなければいけない訳でもないので、家庭とのバランスとりながら、楽しみながら少しずつステップアップできたら良いんじゃないかな?と私は思っています。

今日は早くに目が覚め、昨日出来なかった娘のぼうし作りのつづき。


f0290288_7175353.jpg


ぼうしも、前に作った時にてっぺんがずれたのがあったので、チャコペーパーで縫い線を確保してみるとキレイに出来ました。

ぼうし大嫌いな娘。
でも暑くなってきたから、かぶってくれることを願ってます。

昨日はお友だちたちとショッピングモールの広場でおいかけっこ?してくれました。
初めて子ども同士で遊ぶ風?の娘を見て、嬉しい出来事でした。
もうすぐ一歳半になります。
元気に成長してくれて感謝。
f0290288_7194762.jpg

[PR]
by hitotsu_dake | 2014-04-09 07:06 | 洋裁メモ:きれいに縫うために

地直しの大切さ

最近柄物を扱っていて、よく思うのが、地直しって大切だなということです。


洋裁を始めたころは、生地が水に通したりすると縮むことがあるから地直し・水通しをするんだ。。

本で軽く読んで知ってはいたけど、やってもやらなくても、変わらないようなもの・・・くらいにも思っていました。。

しかし、縮む縮まないというのも重要ですが、
最近服を作るようになって、今まで目が届いていなかっただけだとは思うのですが、
よく生地をみると、ゆがんでいるもの、多いです。


無地や細かい柄であれば、言われなければお仕立てすれば分からなかったりもしますが、
大きくてざっくりとした柄物、はっきりした色遣いの柄物を取り扱えばとってもわかりやすいです。

裁断するときにパターンを置いてみて、なかなかうまく柄が合わず・・というときなども要注意。


綺麗に縫うことだけがすべてではないし、
楽しく縫えるのが何よりですが、
そういった細かい点も意識してこなせるようになると、
また作品のクオリティも上がるだろうし、
なんでも最初の基礎部分って、大事。
問題解決は早い方がいいというのは、
洋裁においても同じだな(ちょっと大げさですが)
と、しみじみ思う今日この頃です。

あーだこーだといってる間に、地直しもしっかりできるように、
勉強しないとです。

また、地直しについても、ポイントやコツなど、つかめるようになったら発信したいなと思います。^^





ブログランキングに参加しています。 こちらのバナーをクリックしていただきますと、1票投票されることになります。 記事が何かのお役に立てましたら投票宜しくお願いいたします。 にほんブログ村 ハンドメイドブログ ベビー服(洋裁)へ
にほんブログ村
[PR]
by hitotsu_dake | 2014-02-08 23:58 | 洋裁メモ:きれいに縫うために

ステッチは慎重に…

f0290288_10165342.jpg


ミシンに慣れてくると、直線縫いだと結構ハイスピードで縫ってしまったりするのですが、ステッチまでついつい速い速度で縫うのは要注意です。

これは自分に最も言いたい!というか言い聞かせておかないとついついやってしまう癖でもあります。
ステッチを速い速度で縫ってしまうと、ちょっとした弾みで手がぶれてしまったりした時に、低速よりもすごい歪みになってしまったりします。
時間がかかっても、丁寧にゆっくり塗った方が結局労力も少なく、
仕上がりも数倍きれいになったりするなと、しみじみ思います。

当たり前のことですが、今すぐにできる、ちょっとしたコツなので、
忘れないためにも、メモしておきます。


f0290288_10171890.jpg

[PR]
by hitotsu_dake | 2013-12-12 10:15 | 洋裁メモ:きれいに縫うために

仕付け糸(しつけ糸)の便利な使い方

洋裁道具、いろいろと増えていっていますが、
最近結構便利でよく使うのが、仕付け糸です。
f0290288_22225415.jpg



特に布帛を縫うときには結構使っていてます。

どんな時に使うかというと、
生地を裁断するとき、私はいつも縫い代込のパターンを作って、
待ち針固定して裁断するのですが、
その際に、ボタンホールの位置とか、両面に何か印をつけておきたいときや、
黒っぽい布で、チャコペンが見えにくい時に使うことが多いです。

f0290288_222348.jpg

両面の時は貫通させて、間少し間隔をあけた状態ではさみでカット。
これで両面いけます。
f0290288_2223922.jpg


f0290288_2223148.jpg




それと、最近作った服で、バイアステープを襟ぐりに包むような処理する服があったのですが、
前々から縫いつれたり、納得いかないことが多く、
こちらも仕付けをして縫ったところ、今までで一番きれいにできて、
やっとこさ納得の仕上がりになりました!



仕付け糸様様です。

また便利なグッズもご紹介していきます~!


ブログランキングに参加しています。
こちらのバナーをクリックしていただきますと、1票投票されることになります。
記事が何かのお役に立てましたら投票宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ベビー服(洋裁)へ
にほんブログ村
[PR]
by hitotsu_dake | 2013-10-25 22:26 | 洋裁メモ:きれいに縫うために

ハンドメイドでリバーシブルを作る時のコツ①

リバーシブルの服や小物って、2種類のデザインが楽しめるし、
裏地がちらっと見えておしゃれだったりして、とっても大好きです。

なのですが、以前に作っている時にいくつか失敗したこともあったので、
作る時のコツをひとつメモしておきます。


生地選びはまず、誰でもかわいいものにしたいので、慎重にするかと思うのですが、
忘れちゃいけないのは、糸選び!!

中表にしたとしても、大概はステッチとか、どこかで表面上糸が見えるところがでてくると思います。

その時に、片面だけのことを考えて糸を選ぶと、裏側の布には糸がミスマッチだったりということがあります。


そのミスマッチさを合えておしゃれに見せるという技もありますが、
あくまでも色のトーンや配色を考えての上で。

なかなか、難しいなぁと感じる方はどちらの面もあまり色に大差がないものでまずは作ってみてから、
色々実験してみてください~♪

リバーシブルものは既製品だとお値段も張りますし、
赤ちゃんのお洋服は生地もそんなにいりませんし、
手作りはほんとに楽しいし、おすすめですよ~^^


ブログランキングに参加しています。
こちらのバナーをクリックしていただきますと、1票投票されることになります。
記事が何かのお役に立てましたら投票宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ベビー服(洋裁)へ
にほんブログ村
[PR]
by hitotsu_dake | 2013-08-25 12:04 | 洋裁メモ:きれいに縫うために

(いまさら気付いた)裁断のコツ

生地を裁断する時に、生地を浮かせたらパターンからずれやすいのでNGということは知っていましたが、
なんだかパターンからちょっとはみ出て切れることが度々~
一度切った後に細かく切り落としていたのですが、
何でやろ~と今日、考えてみたところ、
パターンを置いている生地の位置がハサミの右側にあって切っている時が
ずれて切れてしまうということに、
おはずかしながら今さら気づきました。。。T0T

物理的に考えたら当たり前よな・・・
まぁ今気づいたんだから、いいか・・・と自分を励ましながら・・・

これからは気を付けたいと思います。。。






ブログランキングに参加しています。
こちらのバナーをクリックしていただきますと、1票投票されることになります。
記事が何かのお役に立てましたら投票宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ベビー服(洋裁)へ
にほんブログ村
[PR]
by hitotsu_dake | 2013-08-18 23:39 | 洋裁メモ:きれいに縫うために

100円ショップの保冷シートを縫うコツ

今度ママさんにレクチャーする予定のマグケース。

せっかく作るんだし保冷シートも内布として縫えないかなぁと、
サンプル作り。

保冷シートを縫うのは初めてだったので、
保冷シートを縫うコツを、ネットで色々見ていると、
そのまま縫うと縫い目から破れるとの声が。

そして対策としては、

・返し縫いはしない
・テフロンの押さえを使うもしくはトレーシングペーパーなどの薄い紙を挟んで一緒に縫う(その後はがす)
・粗めのミシン目にする


とありました。

とりあえずテフロンの押さえはなかったので、ハトロン紙を縫い目に挟み込んで、
一緒に縫いましたが、ミシンが嫌な音を発しだし、見てみると、糸がぷつぷつ切れてるではありませんか!!笑

100均のアルミシートじゃやっぱきびしいか。。。。どーしよう。と考えていた時、
でも一応ミシンの針は進んでいたので、糸を変えたらどーなんだと、
以前ラミネートの生地を縫った時に使ったナイロンの糸を思い出し、
試しに使ってみると、切れずに縫えた!

しかも試し縫いもOKでしたよ~^^

私が作っているマグケースのレシピは少し初心者さんには難しげなので、結局教える時には、
なかのアルミ保冷シートだけ取り外しする形で講習しようと思いますが、
わざわざ手芸用の高いものを買わなくてもいいかなというのが個人的な感想です。

f0290288_13442022.jpg



使った糸はこれ



あと、まち針は使えないので、クリップで挟んで縫いました。
手芸屋さんでも売っていると思います^^

仮止めクリップ 22-736 (メール便可)

仮止めクリップ 22-736 (メール便可)
価格:534円(税込、送料別)


[PR]
by hitotsu_dake | 2013-07-20 16:27 | 洋裁メモ:きれいに縫うために